Concert

2013年2月アーカイブ

7/27土曜日 神戸庵原楽器サロン にてピアノリサイタルをいたします。 

Saiun.jpg

お誘いあわせの上お越し下さい。
皆様とお会いできますのを楽しみにしています。


東京方面でのリサイタルは追ってお知らせいたします。






明日は休み前最後の水曜日。休み明けにはピアノと声楽の生徒の発表会があるので結構みんなに気合を入れている。(と思いたい) 

また休みが来るのだ。二週間。必殺「スキー休暇」行かない人も行く人も。 

休み最後にデュオのコンサートが控えてるし、その前に振替レッスンもある。その他好きな事できるかというとまあだいぶ体が休まるかという程度。夫は休暇無し。娘のパリ地方ゾーンの休暇(ずれているのだ)が始まったら3月二週目には少し休みを取りたい。一緒に過ごすのかレッスンに付き合うのかもまだ決まっていない。 

どちらにせよ二週間後にはコンサートだ。あまりぴんと来ていないリラックスムードなのは危機感が乏しいせいだろうか。デュオ(フルートもゲストではいるから三人か)のせいだろうか。 

今までに演奏したものがかなりの割合を占めるプログラムなのと、ドミニクはかつて知ったる仲なのが良いのかもしれない。オペラアリアも私のお気に入り。イタリアものだからなおさらだ。 

一曲のみ、フルートとの共演「カルメン・ファンタジー」 (ビゼー=ボルヌ)が見かけより難儀だった。合わせてみてタイミングが合わないとお互い大変。特にフルートにとって・・。ふらふら 歌もそうだが息継ぎを考えて演奏しなければならない。あまり遅すぎても間延びして息が足りなくなり、早すぎてもいけない。でも早すぎるくらいのほうが良いそうだ。 

次回までによく曲を把握しなければ。カルメンを良く知っているつもりでも、ヴァリエーション形式のこの編曲はなかなか凝っている。 

イザベルの特に気に入っている曲で彼女は以前にオーケストラとも演奏している。 

多才で多忙な彼女と合わせをする時間があるかどうか分からないが。この先当日しかないとなると結構大変。もう一度練習することになるだろう・・・ああまた土曜日を使う事になるのかORZ 

娘はオープンドアが音楽院で4月なかばにあるので、そのための発表の稽古がある。 
現代舞踏とクラシックから四人ずつ。振り付けは現代舞踏の生徒による創作。よいなあ。 
楽しみにしている。 

来年度パリで定期的に演奏会を入れた。プログラムを決めていく楽しみもあるし。前進前進。 

http://www.masaepiano.com/fr/concert/2012/09/concerts-septembre-2012---juin-2013.html外部リンク

風景の中で

| トラックバック(0)
https://soundcloud.com/masaegb/in-a-landscape-john-cage-masa外部リンク    クリックするとお聴き頂けます。Saiun.jpg

ジョン・ケージの作品「風景の中で」。演奏会録音。 

最近現代作品とずいぶん遠ざかっていました。この曲は比較的誰でもすっと聴ける曲ではないかと思います。 

彼の作品の中でもこれほど聴きやすい曲は珍しいのではないでしょうか。 
本日は誕生日を迎えました。この今日を取り出して(引き出しから!)みたのはおそらく偶然ではなく、自分の気持ちと個性にあった曲を弾くことをおそれないこと‐啓示(ケイジ・・洒落?!)‐を誕生の日に受けたのではないかと、はたと気付きました。 


それではまた。