Concert

2012年8月アーカイブ

秋の気配

| トラックバック(0)
新学期。この言葉は嫌い(何故か)だが、スタートする気分はすがすがしい。

アニタ・オデイのヨーロッパ公演ライブをmezzoというTVで今やっている。
彼女の声、アドリブの素晴らしさに酔っています。バンドも素晴らしい。息の合ったトリオだ。

ところでノルマンディーはアンリ4世という名のつくマノワール(城)で演奏会を2013年4月にする予定だったが、もっと季節の良い6月にということなった。

6月は週末ともなると結婚式や、行事が目白押し。夏の短いフランスでは6月はもっとも良い季節。

さてこの秋にはもうすぐ21日にプリシルとデュオリサイタルです。  
562841_304157806350089_1404231697_n.jpg
彼女とは五月にパリで一度共演。今回もご一緒します。
ベートーヴェンのスプリングソナタと、フォーレの第一番のソナタ。ピアノは難しいが素晴らしい曲。




リサイタルご盛会おめでとうございました。楽しかったです。来年も楽しみにしています。 K,.O 様

ジャズを演奏している時の彼女はきっと今回のバルボットなのでしょう。音がかたまりになってやってきました。
自分が知っている曲だとまた聴き方は違うのでしょうが、プログラムによって同じ演奏者に異なる印象を持つことが出来るのですね。
本当に音の世界は深いです。・・・演奏終了後会場で少しだけおしゃべりアンド記念写真タイムがありました。プレーヤーを身近に感ずることができ、これとっても良かったです。 K,I 様


15527353_1704786988_78small.jpg
Kobé 2.jpg
Kobé.jpg
403843_296428437122773_1733823879_n.jpg

上左 御影で受付を担当してくれた木村さんと娘と
上中 ご来場頂いた友人の方々と
上右 演奏風景
右  右からパティシエールKUMIKOさん、書道家の丹羽名甫さん、ご友人の方、私、 後列 M,Iさん

会場のイハラ楽器社長の庵原豊治様をはじめ、ご協力くださった方々に心よりお礼申し上げます。

東京のリサイタルの写真はまだありませんがいずれアップしたいと思います。

ドビュシー、ラヴェル、ジョン・ケージ、日本初演の作品もあり、本当に素敵な時間でした。昨年のコンサートより力強い表現が多かったように感じました。ラヴェルのソナチネが特に素晴らしかった〜   S.K様

すばらしいコンサートを体感できました。
生の演奏を、しかもあのようにとてもいい環境で聞ける機会は少ないです。
美しいピアノの音のシャワーを存分にあびた贅沢な時間でした。
ありがとうございました。  K,H

実に素晴らしかった! A,W

分かりやすい曲ばかりで、良かったわ! M,Y

聴けてよかった。どの曲も僕好みだったし、魅力ある演奏でした。また来てね! Y,Y

いや良かった。現代クラシックを初めて聴いた。風景や情景、感情を見事にイマジネーションさせてくれた。頭が柔らかくなりました。M,S

楽しいひとときをありがとうございました!!皆さん、次回を楽しみにしておられます。来年も楽しみにしています。M,N

やっぱり、この耳で聞いたのが一番良かったです!とても難しい音楽でしたが、頭の中で、色んな風景が出て来たり、音と音が何かを語っているように感じたり、私なりに楽しめました♪ 素敵な日になりました。
ありがとうございました。o(^^)o T

マサエさんの指がキー盤にタッチした瞬間から、得も言われぬ妙なる調べが響きわたり、足を引きずって参加した甲斐があり、来てよかったと思いました。 KS

15527353_1704787018_116small.jpg

313922_341962819216153_17519925_n.jpg

  上,下 神戸御影のリサイタル。 下は二次会