Concert

2009年9月アーカイブ

A)は「印象にのこった詩や曲目は?」
B)は「その他お感じになったことをお知らせ下さい。」 

1) A) モーツアルとソナタや安田様の「For Piano」のかろやかな高音と低音のコントラストがとてもここち良かったです。
     また、和久内さんと成江さんとのコラボレーションもとても良かったです。

2) A) モーツアルトソナタKV333 劇的ポエム「波頭の恋路」  ニコス・ハリザノフ
   B) ・よく聞いたことのある曲が多かったので、そのような曲を今さらながら弾くのはかえって難しいことだと思います。しかし、そのような曲をCDでなく、生できけるのは新鮮でしたし、その勇気、腕前に感心しました。
・昨年聞いた「おはなさんの恋物語」はあまりぴんときませんでした。しかし、テレビなどのメディアで横浜開港150周年記念を取り上げることが多く、横浜の歴史を確認する機会がふえました。そしてきょうあらためて「おはなはん‥」を聞き、その背景をよく思いうかべることができました。

3) A) 後半の曲が大変美しい。海の泡が生まれるよう。
B) 盛りだくさんで満足でした。

4) A) 遠いくにから来ました、お母さんの国から・・・・  もしもあなたが数々の試練にたえて・・・・

5) B)流れるようなピアノとポエムにひき込まれていった。とても感動した。

6) A) エオリアンハープ   しずかな詩
B) キャスティング(杉山さん)がとてもよかったです。「見果てぬ夢」、内容がよく伝わって参りました。good です。

7) A) ピアノと詩の朗読がこんなによくマッチするとは思いませんでした。すばらしいと思いました。おはなはん、大変よかった。最後のピアノ、力強くすばらしかった。

8) A) ピアノは矢張り知っている曲だと判りやすいです。詩を直接聞く事ははじめてでした。聞いているとひき込まれていました。和久内様の朗読はもっと一杯お聞き出来たらと!!
     色々と楽しく、次はどんな企画で舞台が変わるかと期待をこめて、拝見させて頂きました。ありがとうございました。
B) 謡曲にも通じることがあると朗読を聞きながら感じておりました。ありがとうございました。

9) A) どれもこれも印象的でございました。おはなさんの身を焼くようなセツナイ恋は、これは実際、少しでも経験した事が無いとホントウのところはわかんないでしょうねぇ~。
私はあまのじゃくなので翔んで行く程の価値のあるところは今の世にありましょうか?と思ってしまいます。
天も地も海も年々汚れてますもん、宙(そら)まで危ない気配で心配ですねぇ。
本日のピアノはセンサイさをケトバス勢いでドラマティックでございました。
和久内さんの声は一層相変わらず、すばらしいので、会話調も引き立ちますね。ありがとうございました。

10) A) ワルツ(作品69-1)「別れ」  モーツアルト ソナタkv333  詩「おさな子へ」感動しました  「見果てぬ夢」感動しました
B) ・静寂の中に心の躍動を感じ、心身のリフレッシュになりました。
・有難うございました。

11) A) ブラームスの間奏曲のたぶん119の方。4/4+2/4と6/4なのか?聴いていておもしろいです。

12) B) poemとピアノがもう少し対決してもいいかと思いましたが、よかったです。。

13) A) 「おさな子へ」詩とピアノのコラボレーションは初めて聴きました。我が子のことが思い浮かびじーんとなりました。
B)  日頃の慌しさをわすれ、優雅なひとときを過ごせました。
    今日はありがとう。
    乱筆乱文でごめんなさい。